寄る年波。with PONTE
四十路突入。心身共に寄る年波を感じる今日この頃。ビーグル犬ポンテの親バカ日記と日々の徒然。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
14日の計画停電について〈主観〉
14日の計画停電の対応の不手際について、批判や混乱が生じているが、
部分停電で、需要と供給を見ながら全体停電を防ぐという発想および技術は、
世界中を見渡しても、日本にしかできない本当にすごいことらしい。


そんな背景があるならば、闇雲に批判や非難をすべきではないと思う。


ただ。

どうして第5グループの停電限定地域に千葉県の被災地を含めたのか。

東北地方に比べてほとんど報道されていないが、
千葉県でも相当な被害が出ている。

千葉県の避難者数は2000人を超えている。
今回の停電対象となった旭市は避難者が多い地域だ。
死者も出ている。

避難所で身を寄せ合い、不便な生活を強いられている人々に対して、
この仕打ちはなんなのか。

千葉県でも、被害の少なかった地域を選択することはできなかったのか。
私たちは来たるべき停電に備え、準備をしていた。できる環境にあった。
偽善と取られてもいい。
こんなだまし討ちのような形で被災地を停電にするくらいなら、
彼らをこれ以上不安にするくらいなら、私たちの地域を停電にして欲しかった。


ちなみに、船橋の一部地域は未だ断水している。
ディズニーリゾートのある浦安だって、未だに断水したままなのだ。

それでも。
被災地が停電になるよりは。



日本の電力会社のすばらしい技術はわかった。
しかしそれ以上に、
人の痛みが、人の気持ちがわかる企業であって欲しい。


とはいえ私も。
節電が叫ばれるなか、自分の思いを垂れ流すためだけに
無駄な電気を消費したことをお詫びします。

関連記事
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.